B-15シリーズ初のナイロン採用版B-15Bの次に開発されたのがB-15Cである。通常B-15Cと言えば、シンボルカラーであるエアフォースブルーが一般的だが、色が変更される以前はそれまでのB-15シリーズの流れを汲んだ非常に珍しいオリーブドラブ色のB-15Cが存在している。このB-15Cは、そのカラーだけではなく前身のB-15Bの流れを受け継いで左胸には革製のオキシジェンタブが付けられている。(後にヘビーナイロンテープに変更されている。)B-15Bとの大きな違いは、それまで右側にオフセットされていたフロントジッパーが中央に移動されている点が挙げられる。【デザイン解説】アリゾナ州ツーソン国際空港に展開した152FIS/162FIGは、 1958年から西部要所の防空任務を担っていた精鋭部隊です。 米空軍におけるスコードロン/ウイングナンバーの内、100番台は予備役、 つまり州兵航空隊/A.N.G.(Air National Guard)です。 同隊もそうですが、ANG部隊は民間空港を間借りしている場合が多く、 パッチデザインも地元に関係したモチーフの物が多いのが特徴となっています。 162FIGのウイングパッチにはアリゾナ州らしく グランドキャニオンのモニュメントバレーやサボテンのデザインが配されており、 空軍スコードロンパッチ文化が開花した1950年代を象徴するかの様な1枚となっています。



BUZZ RICKSONS【バズリクソンズ】のロゴ バズリクソンズ
BUZZ RICKSONS
バズリクソンズはシュガーケーン・サンサーフなどヴィンテージ系アメリカンカジュアルブランドを擁する東洋エンタープライズ社のミリタリーブランドです。同社とミリタリーとの関係は古く、同社の前身企業である港商事時代に米軍ベースにスーベニアジャケット(スカジャンなど)などの商品を納入していたというルーツを持ち、1993年にはフライトジャケットのファーストを発売。以後次々と復元されるミリタリーウエアはサンサーフのハワイアンシャツ、シュガーケーンのデニムウエアーと同様、どれも完璧な出来ばえです。

クーポン 次回お使いいただけるクーポンを差上げています。

ジーンズなどのボトムスの裾上げについて ご到着後でも、3か月以内なら無料!くわしくはこちら

⇒【会社概要】サイズの測り方・返品交換の方法などから

取り扱いブランドと取り扱いアイテム

【在庫有】 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ B-15C フライト ジャケット モディファイド 1951年 復刻モデル BR13106-コート・ジャケット

【在庫有】 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ B-15C フライト ジャケット モディファイド 1951年 復刻モデル BR13106-コート・ジャケット

飲み残し回収ボックス 紙コップ&飲み残し 209-021 【代引き不可】【サービス用品 フリードリンク】【紙コップ プラスチックカップ】【軽食】【スナック包材 使い捨て容器】【ドリンク用品】【業務用】

【在庫有】 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ B-15C フライト ジャケット モディファイド 1951年 復刻モデル BR13106-コート・ジャケット

【在庫有】 BUZZ RICKSON'S バズリクソンズ B-15C フライト ジャケット モディファイド 1951年 復刻モデル BR13106-コート・ジャケット